<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
φ(ToT)  途中、キャンセル。
e0026491_17115166.jpg
ユニオンスクエアのツリーが点灯されました。
L.A.とは雰囲気が全く違います。 Macy'sのデコレーションもきれい。

旅の報告はココまで。
次の日には私の体調が激変し、急遽L.A.に帰ることに...  φ(ToT)
ナパ・ソノマのワイナリーのツアーもキャンセル。 あのレストランにもあそこのseafoodにも行く予定だったのに...  φ(ToT)
ホテルも飛行機も変更。   ごめんよ、だ~様。  
結局、アフターサンクスギビングのセールにも行けず、風邪か食あたりか??? 
いまだかつて無い症状に驚きでした。 
ワイナリーはまた今度ね。  
[PR]
by k_bunny | 2006-11-25 17:55
Charles M. Schulz Museum
私の行きたかったコチラ。
2000年2月12日に亡くなった「ピーナッツ」の原作者 Charles M. Schulz氏を記念した博物館
Charles M. Schulz Museum and Research Center
San Francisco から1時間程北上した小さな町 Santa Rosa に2002年8月17日に開館。
チャーリー・ブラウンがお出迎え。
e0026491_14291446.jpg
原作者Charles M. Schulz氏の仕事場を再現していたり、たくさんの原画や作品が展示されています。
隣にはシュルツ氏の所有していたスケート場 Redwood Empire Ice Arena やアイスアリーナに隣接している "The Warm Puppy" (こちらで軽く昼食です。)、そしてギフトショップがあります。
e0026491_168825.jpg

Charles M. Schulz Museum
2301 Hardies Lane Santa Rosa, CA 95403
Tel: 707-579-4452

More
[PR]
by k_bunny | 2006-11-24 10:55 | PEANUTS(SNOOPY)
Happy Chinese Restaurant - 樂陶苑
November 24, 2006 (Fri) partly cloud
せっかくの連休だから、近場でもと出かけることに。 サンフランシスコにお出かけ。 
23日の夕方の飛行機でサンフランシスコに向かいます。
サンフランシスコは今回で2回目。
私の行きたいところ。 そして、だ~様の行きたいナパ・ソノマのワイナリーめぐりの予亭。
後は美味しいもの食べようという計画。

e0026491_1630684.jpg
おかゆが美味しいというこのお店。 Happy Chinese Restaurant - 樂陶苑
10時前だというのに、1階の席はいっぱいで2階の席に案内されました。
写真は、帆立のおかゆ。 しょうがが利いててさっぱりしたお味。 おなかに優しい。

樂陶苑 - Happy Chinese Restaurant
1326 Powell Street San Francisco, CA 94133
Tel: 415-398-1268

More 飲茶も出てきて...
[PR]
by k_bunny | 2006-11-24 10:30 |  ・そとごはん
Happy Thanksgiving!! & Happy Holiday!!
November 23, 2006 (Thu) Clear
今日はサンクスギビングデー。 
アメリカの方は、家族で感謝祭をお祝いする方も多いかと思います。
The National Dog Show を見ながらのんびりです。

 ** 皆さま、素敵なサンクスギビングをお過ごしください。
[PR]
by k_bunny | 2006-11-23 00:00
The Grove Tree Lighting Spectacular 2006
November 19, 2006 (Sun) Clear
e0026491_1127508.jpg
さて今年もそんな季節になりました。
The Grove で毎年行われる、 Tree Lighting Spectacular     *昨年の様子は こちら
一番高い?ツリー、昨年より10FT高い110FT(約34m) のツリーは樹齢80年とのこと。(他にも高いところがあったそうな...)
きれいに飾り付けられたツリーがライトアップされます。  昨年とちょっと飾りつけが違うかな?
e0026491_10425324.jpg
The Grove
189 The Grove Drive Los Angeles, CA 90036
Tel: 323-900-8080

More 7時から始まるイベントは...
[PR]
by k_bunny | 2006-11-19 19:00
South Coast Plaza
November 18, 2006 (Sat) Clear
e0026491_15164637.jpg
ハロウィンが終わると、ホリデーシーズン突入。  ラジオから流れる音楽もクリスマスソング。
久しぶりにオレンジカウンティーへお出かけ。 昼もとっくに過ぎた時間にのんびりです。

ゴージャスなショッピングモール、South Coast Plaza
ヨーロッパの有名ブランドも数多く入っている、このショッピングモール。 (ツリーの高さは95FT 約29m)
買い物をして、大きな紙袋を持った人がたくさんいます。 みんな。クリスマスショッピングなのかな?
私には刺激が有りすぎ、欲しいものだらけ...    今日は財布のヒモは緩まなかったよ。
シュウ・ウエムラ のお店が出来ていたのは嬉しかった。
e0026491_18313572.jpg
South Coast Plaza
3333 Bristol St. Costa Mesa, CA 92626
Tel: 800-782-8888

More ディスプレイもクリスマスカラー
[PR]
by k_bunny | 2006-11-18 18:18 | お出かけ
焼肉  - 山水亭 SANSUI TEI
November 17, 2006 (Fri) Clear
e0026491_16161732.jpg
5時になればもう真っ暗、夜の運転は怖いから早く帰ろうと思う今日この頃。
今日も夕食がいるのかいらないのかと、イライラしながら夕食を作りながらの旦那の連絡待ち。
結局、おかずは作ったものの、ごはんを炊くのか迷うところ???
お疲れ気味のだ~様は、焼肉を食べに行きたいんだとか...   え゛~、おかずははどうなる?

初めて行く焼肉屋さん、 山水亭
2004年9月にオープンしたという、まだ比較的新しいお店です。
山水亭で使用する肉は、ほとんどが和州牛。
肉質の良さに定評があり日本の銘柄牛の但馬牛とアメリカ産アンガス牛を掛け合わせたのが 『 和州牛 』 
ちょっと贅沢して、上記写真の極上のミスジ (最後の1人前だったそう) も注文。
肉食獣のようにガッツリ今日も食べました。
気になったのが、なかなかオーダーを取りに来てくれなかった事。 運が悪かったみたい。 
今度はランチに行ってみた~い。
e0026491_17272257.jpg
ミスジ
肩の端の部分に位置し、牛一頭から数百グラムしか取ることができないのがミスジ。
断面の鮮やかな赤身と適度に入ったサシは、見るだけで上質さを感じることができます。
歯ざわりは柔らかいが、しっかりと肉の繊維感じる。
肉の存在感を感じるロースと上品な脂の乗ったカルビという、良いとこ取りの肉です。

山水亭 SANSUI TEI
2529 Pacific Coast Hwy., Torrance, CA 90505
Tel: 310-257-1800

More そのほかにも...
[PR]
by k_bunny | 2006-11-17 20:15 |    やきにく
ひとりごと
November 16, 2006 (Thu) Clear
熱の華、八分咲き。
ちょっとつらいです。  (@_@。
ピリピリとしてヤバいと思ったら、急速に発育しちゃって。

だ~様、今日は外食、もうお米2合もかしちゃったじゃないの。  連絡遅すぎよ。
DVDも返してきて...    なんじゃそれ!!     え゛~、見ないの?? まぁ、しょうがないわね。 
夕食、何食べよう?    ご飯・ゴハン・ごはん......... 
明日の弁当用にはちょっと多すぎごはん。 きっと弁当いらないって言うのよね。
冷凍はいりま~す。

More ごはん・ご飯・ゴハン
[PR]
by k_bunny | 2006-11-16 18:30 | ひとりごと
最高の夜景
e0026491_10281791.jpg

LAの夜景が一望できます。 左の建物群はダウンタウン。  【クリックすると画像が拡大されます。】



More
[PR]
by k_bunny | 2006-11-11 22:50 | お出かけ
Samuel Oschin Planetarium
e0026491_6395369.jpg

Samuel Oschin Planetarium Show
夕方からは、6時に売り出し始める 6時45分・7時45分・8時45分の3回分の発売。
Ticket を取るために、早々と並ぶ列が出来ます。
人が売る窓口とCredit での購入窓口の2種類があり、6時からの発売でこの日は7時くらいには完売です。
列は長いものの、窓口で人が販売するほうが早いのではないかと思います。

司会の人が、手のひらに乗るほどの球状のライトを月に見立て、”3000年以上前からの宇宙の歴史をふりかえりましょう。"
中央から、巨大プロジェクターがせりあがり、まずは身近な星座の話しから...
このプラネタリウムをクリエートした Samuel Oschin氏 の書斎から宇宙の歴史が始まります。
素晴らしい出来上がりに最後には拍手がわき起こります。

*料金*
大人(13歳以上)$7、 子供(5-12才) $3、 シニア(60歳以上) $5

8時45分のしか取れず、待ち時間はカフェで軽く食事、明るいうちならテラスで食事も気持ちいい。
プラネタリウムが始まる約20分くらい前から開場されるのを待ちました。 並んでばっかり、でも良かった。

More 展示ギャラリー
[PR]
by k_bunny | 2006-11-11 20:45